晴れの日はANDANTE

私のライフワークである歌曲やオペラ、日々の練習やレッスンについて、気ままに綴っていきます。

芸術

歌と同じくらい美しいもの

今日、フィギアスケートのグランプリ・ファイナル出場選手が全て決まった。

今、真央ちゃんは、どうしているのだろう。

フィギアスケートは、声楽にとても良く似ている。
全体の流れ、演技や演奏を包括的に把握し、自分が得意または可能な技を織り交ぜて一つの純度と精度の高度な技術を演技・演奏する。自分の最も得意とする技や技術を最大限に活かす事の出来る「音楽」を厳選して演技に臨む。ジャンプやスパイラルやステップ、超高音や超低音やアジリダや20拍ものロングブレスなど、自分自身の持てる可能な限りのテクニックを駆使する。調子が悪い時には、ジャンプのコンビネーションの組み合わせを変えたり、ブレスの箇所を変更したり増減したり、カデンツァのバリエーションを変更したり最高音を下げたり、瞬時の的確な判断能力によってミスを最小限に止める技術が非常に重要である。音楽に効果的な衣装を選択したり、自分の好きな色やポテンシャルを高める色を厳選する。音楽に自分自身の持てる全ての技術で感情や感性を表現する。高度なテクニックだけでは人間の感情を表現しきれず、感情的表現だけでは美しい芸術とはなり得ない。技術だけでは不十分極まりなく、年齢は然る事ながら、身体的・精神的成長によって表現能力を成長させる事の出来る可能性を内包している。無論、声楽とフィギアスケートでは、その年齢的範疇に乖離は存在するのだが。

そして、最も類似している点は、自分自身に最も厳しい試練を課し自ら苛酷な鍛錬に耐える事でしか、結果を導き出す事が難しいという事である。


もう一つ、とても声楽に似ているものがある。
魔法は、声楽に歌に、とても良く似ている。美しい呪文は美しい言葉で聖なる力を与えられる。呪いの呪文は恐ろしい言葉により心や体や命に致命的な苦痛や打撃、時には死を与える。言葉を操るという点では、魔法と歌は非常に似ている点が大きい。美しい言葉は善き力を与える呪文に、恐怖の言葉は呪いや死を与える呪文に変わる。言葉の威力という点、それらが与え得る美や感情という範疇に於いて、歌と魔法はとても近い存在であると、私は考えている。
私は、映画「ハリー・ポッター」シリーズが大好き。DVDも、「不死鳥の騎士団」までは全て持っている。でも、最新作はまだ観ていない。劇場には観に行かない。だって、酒呑みながら観る事が出来ないし、重要な場面を即座にリピート出来ないからだ(爆)
ハリー・ポッターは試練の連続だが、絶対に決して「英雄ポッター物語」では無い。そして、いつも「死」と向き合い、「死」を背負いながら物語は展開する。私の最も愛する、最も得意とする、最も身近な、最も必要な、そして人間から決して絶対に永遠に切り離す事の出来ない「死」。「死」があるからこそ生は輝き、正義も感情も愛も裏切りも屈辱も名誉も謙遜も隠匿も、人間にとって大いなる財産となる。これら全てに立ち向かい打ち勝つなんざ、ハリー・ポッターでも不可能だろう。最も大切で必要で人間自身が最も逃げてはならない事は、あらゆる苦難や逆境や不幸や危機を、乗り越える事でも無く、逃げる事でも無く、挑む事でも無く、逆らう事でも無く、たった一つだけ「向き合う」事だけだと、私は考えている。


それが出来ない人間を「臆病者」と私は呼んでいる。


その為には、フィギアスケートでも魔法の呪文でも声楽でも、観察・分析・対策・計画・立案・実行・評価etc・・・・・そして繰り返し。

いつの世も、どのような分野も、「美」の実現は非常に手間暇がかかる(苦笑)

で、真央ちゃんは今どうしているのだろう???
人間である以上、天才にも試練は必要なのだろうか(苦笑)
問題は、真央ちゃん自身が、何と戦い何と向き合い何を目指しているのか、という事ではないのだろうか。
結果や成績の如何で応援したり支持したり、そういう美的感覚の欠片も存在しない嗜好性は尊敬するに値しない。
真央ちゃんが、例えどのような形であれ、戻って来る事をいつまでも待ち続けたいと思う。
本当の味方とか、愛情とか、信頼とか、憧れとか、期待とか、そういう気長なカンジでいいんじゃないかな、と思う(笑)

マリア・カラスのデッサン5

今日仕事帰りにギャラリーカフェに寄った。ギャラリーカフェは昨日まで1週間の夏休み期間だった。ギャラリーカフェのプロデューサーに預けてあった、私が数年前に描いたマリア・カラスの雑誌の写真を見て描いた鉛筆画のスケッチブックを取りに行った。ついでにプロデューサーの感想を聴くために行った(笑)プロデューサーはかなり忙しい方なのでギャラリーカフェが夏休み中に私の絵を見て頂いてもらうつもりだった。先日ブログにアップしたが、元々絵が好きで歌を始める以前は画材店でバイトしていた事もあるし、絵を額装する仕事もしていた。上野の西洋美術館は20歳代で主婦の頃は浅草に住んでいたので良く頻繁に通った。
で、夏休み明けの社長とプロデューサーとバイトのお嬢さん達が私とは違いかなり元気に出迎えて下さった(笑)そこで速攻プロデューサーにマリア・カラスの絵の感想をストレートに尋ねた。プロデューサーは一言強気で切り返して来た。
『また、絵を描き始めた方がいい』
(笑)何度も説明したんだけど。もう数年前に描いた絵で、歌を本格的に始めてからは一切絵を描いていない事、基礎的なデッサン等は全く勉強していない事など一応言い訳がましく説明した。
続きを読む

芸術的な日々(笑)vol.35

エボリのアリア、流石に音取りには全く苦労しなかった。そりゃ〜毎日毎日何十回もルチアーナ・ディンティーノのエボリのアリアの映像を見てりゃ苦労はしないわな(笑)とゆ〜事で一通り通して歌ってみた。やはり元々はドラマティックなメゾソプラノの曲なのでかなり厳しいし、ハッキリ言ってギリギリのセンであるのは間違いが無い。それでも、歌いたいという意欲と意思と心意気だけはハリーポッター並に何百倍なので、とにかく慎重に丁寧に歌い勉強して行こうと考えた。まず高音は間違い無くきちんと声は出る。問題は低音域だ。低音域は出るには出るが、流石にメゾソプラノ並とは洒落にも行かない。低音域の響きが良くない。最近発声の進歩で高音域がより良く響くようになったため余計に低音域との落差が激しくなった。ルチアーナ・ディンティーノという訳には行かない。それでもどうしても何が何でもエボリのアリアは歌いたい。何だかもう我慢大会の様相だ(超苦笑)とにかく何とか演奏会に歌えるまで位の形にしたい。そのためには時間を掛けて我慢強く丁寧に根気強く勉強して行くしか無い。それでも、憧れの歌手が歌う憧れのアリアを勉強するという喜びは何物にも変え難い貴重で大きな喜びである。

続きを読む

芸術的な日々(笑)vol.25

ギャラリーカフェの社長とプロデューサーに写メのマリア・カラスを見て頂いた。まず社長が、
『下手な美大生より上手い』
続いてプロデューサーが『実物を持って来て!』と仰っしゃったので、夜勤で寝不足なのにかなり気分を良くした(爆)ちっと恥ずかしかったが近いうちに持って行く事にした。それでプロデューサーが、
『明日ここで染め物の体験教室があるから、出てみない?』
と誘われたのだが、スタジオをレンタル出来る時間によって参加が決まる事を話たら心良く承諾して下さった。自宅に帰って夜にスタジオを予約したら染め物教室に参加出来る時間帯だったので、社長にメールで参加をお伝えした。
今日、染め物教室開始30分前に起床(爆死)してギャラリーカフェに到着。教室の前にプロデューサーにマリア・カラスの絵のスケッチブックを預けて寝ぼけながら染め物教室に参加した。染め物と言っても、布を型紙で色抜きする簡単なものだったが、型紙の絵柄が江戸小紋でとてもチャーミング(笑)私は紫色の布に秋の景色を型取りした。糊付けした型紙を洗ったり型取りした布を洗う手伝いをしたりと、普段やらない事を普段関わらない人と過ごしたが、何だかとても楽しい気分になった。

続きを読む

芸術的な日々(笑)vol.15

先日、近所の回転寿司でしこたま酒を呑んでからギャラリーカフェに行った(笑)多少酔っ払っていたのでかなり機嫌がよかった。最近仕事が忙しかったのでギャラリーカフェは暫く御無沙汰だったのだが、展示作品が変わっていた。水彩画や油絵や日本画が展示してあったのだが、その中にギャラリーカフェのプロデューサーの絵が数点あった。以前、私が喉を痛めて歌う事が出来ず相当苦しんでいた時にギャラリーカフェの会場設定を手伝った事があるのだが、その時ギャラリーカフェのプロデューサーが私に『私の絵で良かったら気に入ったの1枚プレゼントするわよ』
と言って頂けたので本当なら絵を1枚戴く予定だったのだが、酔っ払ってギャラリーカフェに行ったら、戴く予定の絵よりももっと気に入ってしまった絵を見つけてしまった(笑)プロデューサーは馬の絵を得意としているのだが、重厚な額縁に躍動感溢れる馬の顔に金箔・銀箔が施してある。絵のサイズも私の兎小屋サイズの部屋でも大丈夫なコンパクトさ。これは千載一遇の《出逢い》と思い、酔っ払いながらもその場でお買い上げ〜♪とゆ〜事になった。プロデューサーはプレゼントすると言ってくれたが、私はちゃんと支払いさせて欲しいとお願いした。

続きを読む
記事検索
楽天市場
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
最新コメント
livedoor プロフィール
オリンピック応援パーク
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ