晴れの日はANDANTE

私のライフワークである歌曲やオペラ、日々の練習やレッスンについて、気ままに綴っていきます。

演奏家

兎に角、無事終了。

今年のウィーンでのレッスン&演奏会、無事終了。
ウィーンから帰国したのは2週間弱前になるが、ウィーンの先生からの評価のメールを今日頂いた。
実際に、ウィーンの先生の評価を聴くまでは、心休まる日は無かった。
従って、ブログを書く気にもならなかった。
自分では当然ベストを尽くした。
でも、自分のベストと先生の評価が、必ずしも一致するとは限らない。

ウィーンのB先生が、演奏会で私の伴奏も引き受けて下さって、演奏会の出来には満足して頂けた、とのメールを今日ようやく頂く事が出来て、ようやく生きた心地がした。

喜ぶヒマも無く、既に来年への準備に追われている今日この頃。

暫く、新曲の譜読みに専念したい。

紆余曲折

3月、東北大震災での仙台の親戚の状況不安、4月の引っ越し、病棟異動、気管支喘息の悪化、その合間を縫っての勉強会と演奏会。

ヤンクミに、大泣きで、電話。
「私には、ウィーンでの演奏会なんか、絶対に無理だよおおおおおぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・・・・・」
随分長い時間話を聞いて貰って宥められて、ようやく気を持ち直す。

多くの事に煩わされていたので、ウィーンの演奏会で歌うシューベルト歌曲3曲の前哨戦演奏会は、テンヤワンヤ。私ともう一人のピアニスト以外は、全員プロ。
前日の台風のような大雨の大荒れの天気のため、気管支喘息発作勃発。初めての会場で、迷う。ゲネプロで会場の音響確認していて歌詞を忘れる。ゲネプロの時間が押していて、3曲のうち2曲しか歌えず本番へ。
本番前、ピアニストのY先生が、私の今夏ウィーンでの演奏会で歌う事を紹介されちゃってしまう。一気に緊張倍増。それでもシューベルト歌曲3曲「Der konig in Thule」「Dem Unendlichen」「Du bist die Ruh」は無事歌う事が出来た。
その演奏会の打ち上げワイン・パーティーでの出来事。
某音大のピアノ科卒業で副科で声楽を専攻していたソプラノ歌手が某声楽・オペラ団体の研修生になってその日はフランス・オペラを歌っていた。
そのソプラノ研修生が、私と他の声楽・ピアノ出演者と楽しくワインを呑みながら歓談中にいきなり横から入り込み、啖呵を切って来た。確か、他のプロのソプラノ歌手の方々と、メゾのアリアも歌ってみたいですね〜的な話題で、私はあんまし5線の上の音が出て来るアリアは歌うの結構疲れますから〜みたいな話の時。
その若いソプラノ研修生のお姉ちゃん、私の面前に来て私に向かって突如吐いた言葉が、

「それだけ低音が出てれば、別にいいんじゃないですか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
皆、無言。興醒め。
私は、ア然。妙な不快感で一杯。
反応しない私達を見て、そのソプラノ研修生はいつのまにか去って行った(超苦笑)
ヤンクミに相談したトコロ、
「どこにでも、そういう困ったちゃんは、いるのよねえぇ〜〜〜〜〜・・・・・」
との事。
暫く、人前で歌う気にならない。

一昨日、ウィーンのM先生からメールを頂いた。ここ数か月のゴタゴタで、今年夏のウィーンでのタイム・スケジュールをなかなか御連絡出来なかったのだが、ようやく新しい異動先の病棟課長に声楽の勉強と年1回のウィーンでのレッスンの事を説明して長期休暇の許可を貰ったので、ようやくウィーンのM先生に予定をメールでお送りした。その驚くべき御返事の内容。

「新しい提案です。ウィーンでの演奏会での伴奏は、日本人留学生のピアニストでは無く、(ウィーンでシューべルト歌曲の先生である)B先生に伴奏して頂けないか問い合わせた所、基本的には喜んでお引き受け致します、との回答を頂きました。伴奏に関しては伴奏謝礼が発生しますが、B先生の謝礼はそんなに高いものではないと思います」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・^^;
まだ2度しかウィーンに行っていない、アマチュアのレッスン生の演奏会のピアノ伴奏を直接B先生が弾いて下さるなど、破格の御計らいである事をよくよく胆に銘じておかなければならない(凹)
でも、マジで、本っ当〜に、大丈〜夫なのか、ワタシ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・??????????
謝礼の問題では無い。
Noの返事も、有り得ない。
しかし、御返事メールを送るのにも相当の勇気が必要である事は、確か。

ラッキーなんだかアン・ラッキーなんだか、さっぱり訳ワカメな、今日この頃。

「beau」と「joli」

先日、日本歌曲の演奏会にお招き頂いて、聴きに行って来た。
夜勤の手術患者さんが約2時間の手術で殆ど痛みも無く、非常に落ち着いた夜勤だったので助かった(爆)

私は日本歌曲を習った事が無い。理由としては、今迄レッスンを受けて来た先生方々から日本歌曲勉強の許可を貰っていなかった事、イタリア歌曲・イタリアオペラとドイツ歌曲・ドイツオペラだけで手一杯である事、日本人が日本歌曲を歌ってきちんとした「日本語」に聴こえない事ほど恥ずかしいものは無いと自分自身考えているのでどうしても手が出無い事、等々。
要するに、私にとって日本歌曲とは非常に難しいジャンルの一つである。

但し、先日の日本歌曲の演奏会を聴いて、多くの発見があったことを非常に喜んでいる。
まず、今迄の私自身だったら聴いた事の無い、まして現代曲の日本歌曲だったら、飽きてしまって演奏会終了まで集中して聴いている事が出来なかったであろう事。今回は、演奏会にお招き頂いたという理由もあるのだが、自分自身、聴き手としての幅も広がって来たのかな、とちょっと嬉しくなった。
そして、1曲も知っている曲が無かった事により、全くの先入観無しで聴く事が出来た。
これは、音楽を聴く側としては非常に楽しい事であった。

全部で8人の歌手の方々が歌われた。
夜勤明けで休養時間が少なかったが相当集中して聴いた。
まず強く感じた事が、やはり日本語がちゃんと聴き取れるかどうか、という点。これに関しては大きな差が付いていたいたように考える。
無論、発声の問題とも大部分リンクしている問題である。1名ソプラノ歌手が、日本歌曲2曲丸々オペラアリアのような大声量で歌っていた。勿論そのような日本歌曲なのかも知れないのだが、聴いている方は非常に疲れたし、飽きてくる。
発声に力が入り過ぎると、言語が疎かになって来る傾向性は否定できないというのが、客観的に感じた事である。この事に関しては、日本歌曲だけでなくイタリア歌曲やドイツ歌曲に関しても自分自身に当てはまる事なので、聴いていて相当に自戒の念を抱いた。
技術的には、歌曲の大きなポイントとしては、緩急を駆使して詩や言葉を丁寧に「語る」事が歌曲としては最低限度の御約束なのだと、観客席に座って聴いていて改めて思い知らされた。
努めて端正な歌唱を心掛ける事、詩の内容や情景の解釈や分析に対する思い入れだけでなく、イマジネーションの豊かさが要求され、且つ日本語として聴き手に理解されなければいけないのだという事を強く認識させられた。

日本歌曲というと、どうしても綺麗な日本人的軽めのソプラノで儚げに、などという相当に阿呆な先入観を持ってしまっていたのだが、それが非常に恥ずかしい間違いであった事を、思い知らされた。
最後に歌ったベテランのソプラノ歌手の方は、日本人としては非常に豊かな声であり、決して声を出すのでは無く響きの上に端正な日本語を乗せた、非常に美しい歌唱であった事が印象に残っている。
思わず、私にも日本歌曲歌えるかなあぁ・・・・・、と思わせてくれた歌唱であった(苦笑)

基本的に、私には日本歌曲は向かないかも知れない、とも感じた。
楽譜通りの譜読みを厳密に行えるか、という点は非常に難しい点である。無論、日本歌曲専門の先生にレッスンを受けなければならないだろうが、日本歌曲の勉強を始めるのであれば、相当にイタリア歌曲・イタリアオペラやドイツ歌曲・ドイツオペラとは切り離して切り替える覚悟が必要であろう。
日本歌曲、イタリア歌曲、ドイツ歌曲、全て発声や歌唱法自体が違う。当然の事である。それを前提にして勉強し歌わなければならないのは至極当然の事であるが、発声や歌唱の切り替えに相当な年月や時間を要するだろうとも考えた。
発声、言語、表現、その国の歴史などを十二分に踏まえた作曲家や国民性の違いが顕著であるため、全く違う勉強を行わなければならないのが、当然である。
今以上に、複数の先生にレッスンを受けるのも、明らかである。

私は現在、日本とウィーンで合計6人の先生に師事している。
良くアマチュアでは、複数の先生に師事すると矛盾した指摘を受け混乱の原因になるとか、明確な言語での指導では無く抽象的且つ感性的な指摘で理解するのが困難、という意見が存在する。
しかし、それは本当に適切な認識であろうか??????????
複数のジャンルの曲を歌うのであれば、その違いを最も明確に認識・自覚した勉強方法が必要不可欠である。専門性という事を自己のレベルまで乏める事は、謙虚さを欠いた認識不足による尊大で不遜な単なる「勘違い」であろう。
並行してレッスンを受けている先生方の指摘を自己が熟慮していない事、何よりも複数の先生から指摘された内容を自分の都合の良い解釈で歪曲した結果、それを「矛盾」という誤認にすり替えている可能性は大きい。
複数のジャンルの曲の専門性を注意深く丁寧に分析・理解・認識しながら、多くの指導内容に適応して行こうと言う意欲と努力と謙虚さがなければ、勉強する資格は無いと私は考える。
自分の好きな曲を好きなように適当に歌っていれば良いだけの事である。
自分自身の声帯や肉体はレッスンを受けてる先生とは全く別個の個体なのであるから、発声や歌唱法の指導が抽象的に感じられるのは、至極当然の事である。
「あなたの体のこの筋肉とこの骨をこう動かしたら、このような声が出ますよ」
なんて指導、訊いた事が無い(呆)

重要な事は、自分自身と先生とは飽くまでも別個の個体という認識から、自分自身の声や歌を通して先生に指導された内容をどこまでも主体的に把握し、自分自身の声や歌を先生から受けた指導に最も近づくような鍛錬と練習を意欲的に継続する事である。
複数または多くの先生から並行し継続的にレッスンを受けて勉強するという「適応能力」とは、自らの努力でしか獲得される事は無いが、真摯に謙虚に探究を継続して行く事で十分に獲得可能な「技術的能力」であるという事が言えると私は考えている。

最後に、日本歌曲に招いて下さった方はとても美しい声をされていた。
ヤンクミが以前私に話してくれた事がある。

「フランス語で、綺麗と美しいでは言葉が違うんですよ。フランス語で綺麗は《joli》、美しいは《beau》というんだけど、あなたの声は《beau》の方が大きいと思うの」

前のブログで、ベートーベンの映画に関しても書いたが、先日の日本歌曲の演奏会を聴きに行ってから益々この「綺麗」と「美しい」の認識の違いについて思いを強く持つに至った。
日本では多分に混同されてしまっている「綺麗」と「美しい」という概念や感性を、もう一度一から磨き直さなければならないという事を非常に危機感を持って認識させられた。
ちなみに、私を日本歌曲の演奏会に招いて下さった方の歌声は、私にとっては《beau》として心に響いた事がとても印象的で、感動的だった。
やっぱり、生演奏はいいなあぁ・・・・・と思った。

明日は、ヤンクミ一座のゲネプロであ〜る♪

疲労MAX

昨日は、演奏会のリハーサルだった。
一昨日は一晩中手術後の患者と夜明かし。リハーサルの時間が午前中なので慌てて仕事を終わらせて、速効帰宅して、全身せんねん灸尽くしでさっさと寝た。
しかし、昨日の朝目が覚めると、まず全身の関節が痛い、喉が痛い、ダルい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、37.8℃。
今日無理してリハーサルに行って出演者に風邪を伝染し、疲労も取れずに、ボロボロの演奏会本番を迎える・・・とゆ〜シチュエーションは是が非でも避けたい、とゆ〜事で、Y先生に早速メールをして、本日のリハーサル欠席をお願いした。
一安心して目が覚めたら、夕方の4時だった・・・・・(絶句)

昨日の、抗生物質やら消炎剤やら解熱剤やら去痰剤やらが効いたせいか、今日も起きたのは昼過ぎだったが、昨日に比べりゃ、まずまず好調。余り無理しない程度にスタジオ練習に出掛けた。

最近、ミルヒー先生のレッスンを御無沙汰している。去年のヘンデルのリサイタル直前のレッスンが最終。最近少しづつ夜勤生活にも慣れて来て、少しづつ音楽の勉強の量やら質を元に戻そうと試みている。
実は、ミルヒー先生からヘンデル後の課題に出されていたのが、モーツァルト歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」のフィオルデリージのアリア「Come scoglio」である。このアリアの譜読みをようやく開始し始めている。勿論、今年6月のヤンクミ一座演奏会でのヘンデル「エジプトのジュリアス・シーザー」のクレオパトラの新しいアリア「Non, disperar」をレッスンして頂かなければならない。けれども、やはりフィオルデリージの「Come scoglio」は、ミルヒー先生もレパートリーとして御自身が歌っていらっしゃるアリアである。ウィーンのN先生には、声質上既に私のレパートリーとはならない事を指摘されているので、この曲のレッスンを受けられるとしたら、ミルヒー先生以外にいらっしゃらない。
数日前から、コヴェントガーデンのカバリエの録音を聴いたり、数年前に録画したグラインドボーンの「コジ・ファン・トゥッテ」の抜粋のビデオを見たりしていた。
「Come scoglio」はとても大きなアリアだ。レチタティーヴォも長いし高度な表現力が要求される。しかも、超高難度のアリア。1オクターブ以上も音域の変動が幾つもあり、最高音は3点Cである。アジリダの音程も微妙な正確さを求められる。そして何よりも、ドラマティック・ソプラノが歌うアリアなので、強靭で伸びのある声が求められる。今のこの疲労MAXの状態の自分に、しかもウィーンのN先生に私のレパートリーにはならないと指摘されているのに、例え気持ちだけで練習して歌う事が出来るのか。いや、歌えるかどうかは自分自身には良く分からない。でも、ミルヒー先生が以前私に、

「あなたならきっと歌えるわよ!!!だって、こんなに難しいヘンデルのアリア、リサイタルで歌えるじゃない!!!」

その、ミルヒー先生の言葉を信じて、ミルヒー先生のレッスンはとっても遅れてしまったけれども、これからフィオルデリージのアリアの勉強を続けて行こうと思う。誰に聴かせる事は無くとも、ミルヒー先生のためにだけでも歌いたいアリアだと思っている。

今日は、最初はベートーベンのイタリア語テキストの歌曲を2曲。大分フレーズが繋がるように歌えるようになって来た。次の谷岡先生のレッスンには、持って行きたい。ただ、低音域(5線の下)が、まだきちんとした綺麗な響きを出せていない。勿論練習も行うけれど、谷岡先生からテクニックを学ばなければならないだろう。
ベートーベンの歌曲は、意外と繊細な装飾音がある。これを軽過ぎず、しかし美しく歌えるようになりたい。きっと、モーツァルトの装飾音とは違う筈だ。これを、ウィーンで掴みたい。でも、その前にきちんとしっかり確実に曲を自分の解釈で歌えるようにならなければならない。
ベートーベンの歌曲を勉強していて私が感じる事は、ベートーベンは、いついかなる時も、死を意識していたのではないのか、という事。これは私がベートーベンの曲を歌っていて飽くまでも「直感」なのだけれど、今後ベートーベンの声楽曲を勉強して行くにつれ、この命題を熟考していく必要性がありそうだと確信している。

最後に、演奏会本番曲のバッハ「Bist du bei mir」とモーツァルト「魔笛」のパミーナのアリアをざっと通して、本日は軽めの練習調整で終了♪


実は、先日超久しぶりに、千葉のヤンクミと電話で話しをした。
お互い、家族の健康上の理由で非常に余裕の無い生活をしてはいるのだが、私もヤンクミも、事、音楽に関してだけは絶対に手を緩めない性格で(爆)、私は去年末ヘンデルのリサイタルを開き、ヤンクミは去年末シューマンのリサイタルを開催したそうだ(激爆)
そこで、私のブログをたまに見てくれているヤンクミと、最近はピアニストのブログも非常に多いという話しになった。ヤンクミもまんざら興味が無いワケでもなさそうで、幾つかブログを見てみるようお勧めした。
そして、今日、あるブログを読んだヤンクミから、メールで感想が返って来た。

「ピアノ愛好家のブログですね。私も古き佳き時代のピアニストは好きだし、自分が修行中は苦しい(状況である)事もありましたから気持ちは分からなくもないけど、あまりにも自分勝手なブログですね。自分を反省しない人にレスしても無駄と思います。(このような状況では)密度の濃いピアノは弾けないでしょう。良い悪いはともかく、このブログの人にとってはピアノは食後のデザートのようなものと思います。私はそういった方には構いたくありません。(個人の)楽しみ方に水を差すのも嫌ですから。
ただ、取り組む以上は甘えてはいけないですね。私の愛するショパンやドビュッシーなどの作品は、それ相当の覚悟で挑むものです!
私は密度の濃いピアノを弾く方は応援しますが、某の言い訳をする方は無視します」

と、私のブログの文面など及びもつかないような超シビアな厳しいご意見が返信されて来た(核爆)
やはり、真の音楽家、演奏家たる者、これ位の覚悟、誠意、自律、自らに課す試練、当然あって然るべきでしょおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪と、思わず改めてヤンクミを大尊敬、拝んでしまった(人)(人)(人)
長く、ヤンクミと一緒に演奏活動を続けて来る事が出来て、本当に自分は幸福であると心から実感・認識した。
私もヤンクミも望むものは、上っ面の世辞や演奏内容の出来に関わらない拍手などでは無い。
自分自身が、たった一人の音楽家として強く深く音楽を愛し求めて、日々鍛錬と熟考に精進し、自分とともに自分自身の音楽を成長・昇華させて行く事なのだと、改めて知る事が出来て本当に幸せな気持ちになる事が出来た。
私はとてもこの長い間、どれ程ヤンクミに励まされ、引き上げられ、時には手を引かれ歩みを共にして貰って来た事が何度あった事だろうか。
心から、神とヤンクミに感謝した。
今年6月のヤンクミとの演奏会、今の私の最高のクレオパトラを歌いたい。


今日は、もう一つ大きな喜ぶべき事があった。
とある人間の憶病さと弱さから、私自身に長い間押しつけられ捨てる事も出来ず、保持していた物があった。
今日、ようやくそれを本来の持ち主の元へ、叩き返した。
これでようやく私は、解放される。
忌まわしい、不吉な、不敬な、憶病な、無責任な、低俗な、決して認めるべきでは無い人間に今後例え何百回輪廻転生したとしても、決して相まみえる事の無いよう、その負債を叩き返した。
これでもう、自由に歌える。
スザンナでも、ツェルリーナでも、ジルダでも、ヴィオレッタでも。

これから、夜勤の疲れが取れたら、少しづつ頑張って行こう♪


記事検索
楽天市場
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
最新コメント
livedoor プロフィール
オリンピック応援パーク
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ